のだめカンタービレ あらすじやキャストまとめ!のだめがダメダメすぎる

さてさて、今日もどんどんみっちゃんの好きなドラマを紹介していきますよ~

 

最近、昔のドラマを見る機会が多くて、

あ、このドラマも面白いよね

ブログでみんなに紹介したいな

って思うことが多いんですよね

 

2000年~2010年ぐらいにかけてのドラマが好きで、数年まえなら見たくても見れないって状況だったんですね

でも、最近はネットで動画配信をしてくれるので、過去のドラマやアニメを見れて本当にありがたいです

 

ありがたいんだけど、ついついあれも見たい、これも見たいといろんな動画配信サイトに加入してしまって、毎日ドラマをみて引きこもり生活になってしまってます

今回紹介するドラマは「のだめカンタービレ」です

2006年10月~12月にフジテレビで月9ドラマとして放送されました

放送されるやいなや大人気ドラマとなり、2009年と2010年に続編映画が公開されました

 

フジテレビのイベントでは、のだめの汚部屋が再現されてましたが、実際にあの汚部屋をみると男なら絶対にこんな女性と付き合っちゃいけないと思ってしまいますよね

 

このドラマでは、今は有名になった俳優さんや女優さんがちょい役で出演しているので、それを見つけるのも楽しいですよ

 

それではのだめカンタービレのあらすじやキャストをみていきましょう!

 

のだめカンタービレのあらすじは?

 

タイトルにある、“のだめ”とは、この物語の主人公の一人、野田恵のあだ名。

桃ヶ丘音楽大学ピアノ科に在籍するのだめは、音楽を一度耳で聴けばそのとおりに弾けてしまうという天才的な一面を持ちながら、楽譜を読むのが苦手で、本能の赴くままに奏でられるその演奏は、奇想天外、制御不能。風呂嫌いの掃除嫌いで、自宅の部屋はゴミため状態。おまけに、友人の弁当の盗み食いは日常茶飯事という奇人ぶり。

その、のだめが一目ぼれをするのが、この物語のもうひとりの主人公、桃ヶ丘音楽大学の“超”エリート音大生、千秋真一。音楽一家に生まれ、ヴァイオリン、ピアノはプロ級の腕前。大学ではピアノ科に在籍しながらも、実は密かに指揮者を目指し、独学を続ける“超”イケメンの完璧主義者。
物語は、この、いまだかつてないキャラクターをもつ二人が繰り広げる、“斬新な”恋模様、さらに彼らを取り巻く、これまた輪を掛けて強烈なキャラクターの仲間たち──世界的な指揮者にしてキャバクラ好きのエロジジイ、シュトレーゼマン。派手好きのお調子者、うそがつけない正直者で、ロックが大好きな金髪のヴァイオリニスト、峰龍太郎。情熱的で男前な美人コンサートミストレス、三木清良。のだめの強力な恋敵(?)となる乙女な男子、ティンパニ奏者の奥山真澄。千秋の元彼女、ソプラノ歌手の多賀谷彩子──超個性的な世界的指揮者と、彼ら落ちこぼれ音大生たちが繰り広げる日常を、リアルに、かつユーモアたっぷり、ギャグ満載で描いてゆきます。
また、このドラマのために、“のだめオーケストラ”を結成。このオーケストラメンバーは、ドラマ本編に、オケ仲間として登場。実際に演奏するほか、CDデビューも予定されています。さらに、1月クールではアニメ化も決定(フジテレビ他、深夜枠で放送予定)し、まさに、このドラマ化を機に“のだめ”一大プロジェクトが始動します!!

これまで、数多くのラブストーリーで伝説を作ってきたフジテレビの月9ですが、2006年秋には、いまだかつてない、突き抜けた爆笑青春ラブコメディーをお届けします。オーケストラを巡る落ちこぼれ音大生たちの真摯な青春群像劇、その一方で奏でられる、これまで見たこともないキャラクターによる“斬新”なラブストーリーに、ぜひともご注目ください!!

https://www.fujitv.co.jp/b_hp/nodame/

フジテレビの月9といえば、ゴリゴリのストーリー、というイメージだったのが、フジテレビ攻めてんなぁって関心しました。

のだめカンタービレも大きな枠でいえばラブストーリーですが、ラブコメディーという言葉がぴったりなほどコメディー要素全開のドラマです

個人的には、竹中直人さんのシュトレーゼマン役が大好きでした

パンチラ写真を間違えて出したり、のだめのチチを揉んだりとやりたい放題のシュトレーゼマンが最高♪

それにしても、今あんなシーンを公開したら、絶対問題になるだろうな。

 

昔のドラマを見ていて、今のドラマと見比べた時に

こんなシーン今じゃ絶対放送できないよな

という場面を探すのも大好きなんですよね

 

正直、今のドラマのよりは過去のドラマのほうが面白かったなぁ・・・・

 

のだめカンタービレのキャスト紹介

 

上野樹里(野田恵 役)

上野樹里さん演じる野田恵は、桃ヶ丘音大に通うピアノ科の3年生

天才的なピアノの才能がありながら、過去のトラウマからピアニストになることよりも幼稚園の先生を目指している

とにかく自己中で、ごみ屋敷のような部屋に住み、主食は友達の弁当、お風呂は3日おきにしか入らないという変人

 

ドラマの番宣でいろんな番組に出演していた上野樹里さんをみてて、天然でほんわかしててかわいいなぁーと思ってたのですが、その後のドラマ「ラストフレンズ」で性同一性障害に悩む役で、のだめのイメージを一気に吹き飛ばしました

ラストフレンズを見る時は、またあのかわいい姿が見れると思っていた人は、衝撃を受けましたよね?

みっちゃんもショックでもう一度のだめを見返して、のだめに癒されました

 

玉木宏(千秋真一 役)

玉木宏さん演じる千秋真一は、桃ヶ丘音大に通うピアノ科の4年生。

のだめが一瞬に恋におちた相手で、偶然にもお隣さん。指揮者を目指しているが飛行機が怖くて留学できない。のだめの才能に気づき、もっと上を目指すべきだとアドバイスしますが、のだめのわがままに振り回されてばかり。

千秋がアパートのベランダで一服していると、となりの部屋のベランダからショッキングパープルのみたこともない液体が流れてきます。

もちろんその部屋の主はのだめ

千秋は部屋を飛び出し、のだめの部屋をピンポンするのですが、そのときに高橋名人ばりに連打する姿がツボってしまって毎回あのシーンは10回は観てしまいます

飛行機に乗れないトラウマを乗り越えて留学できるようになるのか、とだめとの恋の行方はどうなるのか、ゲラゲラ笑いながらも続きが気になるドラマです

 

瑛太(峰龍太郎) 役

瑛太さん演じる峰龍太は桃ヶ丘音大のバイオリン科に通うラーメン屋の息子

バイオリンでロックを表現しようとしているちょっと変わった青年で、のだめと一緒に千秋を困らせる存在

 

そうそう、上野樹里さんと瑛太さんはサマータイムマシーンブルースという映画で共演しているのですが、あの映画もなかなか面白いので今度紹介しますね

瑛太さんは、月9のラッキーセブンでみせた寡黙でかっこいい役も似合いますが、瑛太のようなおちゃらけた役や、住友生命のCMでクソ真面目でどこかイケてない青年の役も似合いますね

みっちゃんは、瑛太や住友生命の上田さんの役のほうが好きだなぁ

 

小出恵介(奥山真澄 役)

小出恵介さん演じる奥山真澄は、ティンパニ奏者でアフロにちょびひけという変な恰好でいつもクネクネしている。

男ながら千秋真一が大好きで、のだめと恋のライバルとしてどちらが千秋と付き合うか勝負している

 

千秋にべたべたするのだめを快く思わない真澄ちゃんは、のだめの弁当を食べたり、背中に「バカ」と張り紙をしたり嫌がらせをします。

一番面白かったのは、不幸の手紙をのだめに送って、のだめが困るシーン

 

不幸の手紙なんて時代を感じますよね~

今の若い人たちは不幸の手紙なんて知らないかもしれませんね

 

竹中直人(シュトレーゼマン 役)

竹中直人さん演じるシュトレーゼマンは有名や指揮者

女好きで、すぐに合コンしたりクラブに行きたがる癖がある。

桃ヶ丘音大の理事長に呼ばれ、学生オケを結成するのですが、その際、自分がスカウトした自分物を集めるよう先生方に頼むのですが、自分で撮った生徒の写真を見せるつもりが、渋谷で買ったというパンチラ写真をみせてしまいます。

 

それでも、

「これはまちがいね~」

「渋谷で買った」

と悪びれる様子もなく、生徒の写真と交換します

しかも、その写真というのが、本当のパンチラ写真で、今の時代なら即放送中止になるレベルなんですよね

おまけに、のだめの胸を揉むシーンまであって、この時代はどんだけゆるかったんだ!って毎回腹抱えて笑っています。

 

ほんとにうらやましいぜ シュトレーゼマン!

 

まとめ

のだめカンタービレのあらすじやキャストを紹介しましたがいかがでしたか?

とにかく笑いたいならのだめカンタービレをみるべし!と言えるドラマです

 

お正月とか、冬休みにみんなで揃ってみると楽しいですよ~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です