食わず嫌い

子育て日記

家のお坊はものすごい食わず嫌いです

生後5ヶ月で離乳食を始めた当初は、ドロドロのお粥やドロドロの人参、かぼちゃなどをそれなりに食べてくれていました。

赤ちゃんせんべい屋たまごボーロも普通に食べてました。

ただ、6ヶ月目にウイルス性胃腸炎になってしまって一旦離乳食をストップしてドロドロからやり直したのがいけなかったのか、

離乳食中期のいわゆる「少しつぶつぶした状態」に入ったところで、大きくつまずいてしまいました。

それまでドロドロだったお粥七分粥に変え、完全にピューレ状態だった野菜を野菜を潰し
程度に変えたところで、どうしても口触りが気に入らないのか、口に入れてもべぇっと出してしまう日々

いろんなもの、手作りから市販のベビーフードまで試してみましたが、全然ダメ

大好きなバナナと赤ちゃんせんべいしか食べないという感じで、嫌がるものを食べさせようとしても余計に機嫌が悪くなって泣いてしまって。

ネットなどで、離乳食の進め方や月齢に合わせたレシピの紹介がよくあるのですが、

どうしてこんなの食べられない・・・・・というくらい、全然食べてくれませんでした。

一つ食べられるものができると、毎日そればかり、それ以外の新しいものは見ただけで拒否。まさに食わず嫌いで、手で払いのけようとするのをかわして、ちょっと口につけてやると、「あ、これなら食べられるかも?」となる時もあれば、やっぱり全然駄目な時もあり。

ふにゃふにゃに似たそうめんと やわらかく具材を煮たお味噌汁を混ぜたものだけを食べる時期や、食パンだけを食べていた時期、豆腐だけは食べられた時期、などなど。

お味噌汁を作る時には、野菜を多く入れるようにして、柔らかく煮て、それにご飯を混ぜて雑炊のようにするとそれを食べることもありましたが、

一歳を過ぎた頃には、私もいろんなものを試しても結局無駄になってしまうことに疲れ果ててしまって、とりあえず食べることができるようになったものを中心に、

後はベビーフードを取り混ぜて新しいものを試すことにしました。

一歳1ヶ月頃まで、母乳と離乳食を並行して与えていたのですが、飲んでいた母乳の量が多かったのか、それほど食べない割には体重もしっかり増えていて、

「もしかして母乳でお腹がいっぱい過ぎてそんなに食欲がないのかな?」と思いあたり、市の健康相談の折に相談してみて、思い切って断乳をすることに。

すると、クールな性格も手伝って、初日から全く母乳を欲しがらなくなり、そのぶん少し食べる量が増えたような気がしました

でも食わず嫌いは治らず。

お腹が空いていないのに、食べ物を食べさせられることにうんざりしてしまっていたかもしれません。

そんなお坊のルーティンメニューは、マカロニチーズ(マカロニを茹でて一旦お湯を切り、牛乳とチーズを加えてチーズを溶かして和えたもの)

豆腐に少しだけ減塩のだし醤油をかけて少し温めたもの

キャンディーチーズ

野菜ジュース

という、ニューヨークのビジネスマンの効率重視のランチ、みたいな感じでした 笑

それに、大好きなバナナか、もっと大好きないちごを加えてフルコース。

この調子で保育園に入ったら、一体何を食べるんだろう・・・・・という状態のまま、保育園の入園が決まったお坊。

配られた「給食のメニュー」を見ながら、心配な母なのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました